×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK

Areichalken

Copyright 2006 異形剣法

異形剣法さんの「Areichalken」です。「Normal Mode」と「Shooter Mode」という2種類のデータが存在しまして、前者は礼門Z氏、Timo.氏によって音楽が作られて、後者はHITOSHI氏、博士氏によって音楽が作られています。「Shooter Mode」のほうが難易度の高いモードになっています。 地形あり、弾幕ありで、自機の3種類の武器の使い分けの重要な戦略性の高いゲームになってます。その敵配置の絶妙さはかなりのものです。 またドット絵が素晴らしく、メカ絵と背景のすごさは一見の価値ありです。演出もものすごいかっこいいです。


タイトル画面です。
1面。背景が多重スクロールしています。
しばらく行ったら入り組んだ地形が出てきます。オプションとか駆使して撃ち難い位置にいる敵をやっつけていくといい。
1面ボス。このゲームのボスのメカ絵はえらいかっこいいです。
2面。ザコが地形を回避するように現れるなど、敵配置がとても優れてます。
2面中盤は画面にスローがかかり、大型機のラッシュが始まります。弾避けテクニックが問われる場面。
2面ボス。車輪を付けてて壁伝いに疾走するボスです。
ある程度ダメージを与えると変形する。
3面はクリスタルが綺麗です。空中に浮遊しているクリスタルはグラIIのように壁に当たると跳ね返ります。・・あのこれ本当にデザエモンですよね?
3面後半の迷路も立体表現がすごい。
3面ボスは壁を体当たりで壊して進んでいく。デザでこんなのどうやって実現できたんだろうか?
4面は高速スクロールする。背景の演出がかっこいいです。
後半は迷路のようになってる。このゲームは各ステージが前半、中盤、後半で全然違う展開が待っています。ステージ数が多いに関わらず各ステージに趣向を凝らして単調さが無いのがすごい。
5面は横に向かってスクロールする。背景の地球もきれいです。


written by oda